MENU

不動産鑑定士ってどんな仕事ですか?

不動産鑑定士や不動産全般に関するお話

①不動産鑑定士とは?

名前だけだと分かりづらい・・・。なんでも鑑定団?風水鑑定?
専門的には、「不動産の鑑定評価に関する法律によって定められた不動産の価格や賃料など不動産の適正価格や有効利用を判断する不動産の専門家」を言います。
取引先の多くは、公共機関(県・市役所・税務署・裁判所)や弁護士さん・税理士さんや金融機関のため、不動産に特化した専門家であるにもかかわらず、一般の方に馴染みが薄いのが現状ですが、皆様にとても身近な職業なのです。

②不動産の鑑定評価とは?

不動産鑑定評価とは?

専門的には、不動産の鑑定評価とは、国家資格を有
する不動産鑑定士等が不動産の価値を判定し、
その価格や賃料を表示することを言います。

評価できるものはどんなこと?

ちなみに、なんでも鑑定団は古美術などの「動産」を評価し、
風水鑑定は「家相・運命」です。たまに間違えられますが・・・。

③不動産に関する問題

不動産に関する問題にはどんなものがあるの?
価格 実勢価格、担保評価、相続税評価、固定資産税評価
賃料 地代や家賃
法律問題 借地や借家問題、相続、建築や私道問題
税金問題 不動産に係る税金
取引に関する問題 不動産売買、不動産広告、手数料

各資格業の業務領域は法律で定められておりますが、その中で、不動産鑑定士
は、不動産に関してあらゆる分野に精通する不動産相談の窓口と言えます。
なので、不動産に関することで悩んだら、まず、不動産鑑定士にご相談されるこ
とが解決の一歩です。

④不動産に関わる様々な国家資格

不動産に関わる様々な国家資格

Copyright© 2017 一般社団法人神奈川県不動産鑑定士協会 All Rights Reserved.