MENU

D 収益物件

収益物件広告01収益物件広告02収益物件広告03

①利回り •利回りといっても、各種の利回りが存在します。単純に年間賃料を取引価格で割った利回りや、管理費・修繕費・公租公課や減価償却費を控除した純収益を価格で割った利回りが存在します。
②地域の特性 •その賃料が値上がりするのか・値下がりするのか、また、空室率は上がるのか・下がるのか、地域の特性を見極める必要があります。
③遵法性 •建築基準法、土壌汚染対策法、消防法等各法律に適合しているか、改修の必要性等の有無を確認することが重要です。
④築年数 •昭和56年に、建築基準法が改正され、建物の耐震基準が大幅に変更となりました。昭和56年を境に耐震性が異なる可能性があります。また、将来における建替えや大規模修繕の必要性も見落とせません。
⑤その他 •入居者との賃貸借契約書等の確認が必要です。
Copyright© 2017 一般社団法人神奈川県不動産鑑定士協会 All Rights Reserved.