MENU

A 売地または建築条件付売地

売地または建築条件付売地の広告チラシ01売地または建築条件付売地の広告チラシ02

売地または建築条件付売地の広告チラシ03

①土地価格 •消費税は含まれません。
②交通 •徒歩時間は、80mを1分で計算し、坂道や信号待ちは考慮していないため、実際は広告より時間がかかる場合が多い。
•道路距離ではなく、直線距離を掲載されている場合もある。
③土地面積 •登記簿と実測面積が違う場合も有る。取引は、実測面積が望ましい。
④地目 •現況の土地利用・用地を表し、登記されている地目を記載。現況が宅地造成中の時などは、山林(現況宅地)などと表示されている場合もあります。
⑤用途地域等

•用途地域などの決まりによって建築物の用途や建ぺい率や容積率が制限が決まっていますので要注意。特に市街化調整区域の場合は、建物が建てられない場合もあるので特に注意して下さい。
•用途地域のうち、第1種低層住居専用地域というのは、住宅系の中でも高さ10mまでしか建物が建てられないので、住環境は保たれます。
•逆に工業系や商業系は、混在するため住環境は、良くありません。

⑥土地の権利 •所有権以外で借地権などの権利の場合は、物件価格は割安であるが、地代や保証金などの一時金がかかる。
⑦設備 •上水道、下水道、都市ガスが宅地内に引き込まれているかどうか。
•宅地内への引き込みに別途費用がかかる場合が有るので要注意。
⑧所在地 •登記簿上の所在地番と普段使っている郵便などに記載する住居表示(○○丁目○-○など)は異なります。
⑨事業主・売主 •事業主は、販売事業を営む会社であるため、物件の責任を負う会社ですので、事業主・売主等大手や地元で評判がある会社であれば安心できます。
⑩取引態様 •広告主が、自ら売り主なのか、仲介(媒介)業者なのか記載されています。
•売り主ならばかかりませんが、仲介(媒介)業者の場合は、仲介手数料が別途かかります。
⑪総区画数・今回販売区画数 •大規模分譲の場合、全体の区画数と数回に分けて販売する場合は、今回の販売区画数を記載します。
⑫開発面積・区画面積 •大規模分譲の場合、別途開発許可を受けた全体の面積と販売対象となる区画の最小面積と最大面積を記載します。
⑬分譲価格 •大規模分譲の場合、分譲価格を最小・最大・最多価格として記載します。
⑭開発許可番号・
工事完了年月日
•土地が法律に基づいた公共機関による開発の許可を受けた証明です。
•いつ頃完成するのか把握することが出来ます。

⑮建築条件
付分譲とは?

•通常、土地の売買契約後3ヶ月以内に売主と建築請負契約を結ぶことを条件に販売する土地のことです。まとまらなければ、土地代金は全額返済されます。
⑯仲介手数料不要とは? •通常業者さんは、売主・買主の間を取り持ち報酬を得ますが、自分の土地を売る場合にはこの報酬(仲介手数料)はありません。
•ではどこで報酬を得ているのでしょうか。

⑰土地面積はセットバック前?

•幅員が4m未満の道路については、原則、道路中心から2m下がる必要があります。
•したがって、正味の土地面積は当該セットバック数量を除いた面積となります。
⑱古屋付・古屋有りとは? •土地の上にかなり老朽化した建物が建っていると言う意味です。
•通常業者さんが取壊して引渡す場合が多いですが、自分で手直しをして引続き使用
する場合もあるでしょう。
⑲道路持分・共有持分とは? •「道路若しくは共有地○○㎡のうち持分○分の○あり」など、宅地が接面する道路自
体に自分の持分を有するか又は宅地が道路に接面するまでの土地に自分の持分を
有することを言います。
Copyright© 2017 一般社団法人神奈川県不動産鑑定士協会 All Rights Reserved.